第48回断層映像研究会

 

 

 

 


konica

大会長挨拶

対馬先生第48回 断層映像研究会
大会長 対馬 義人
群馬大学大学院医学系研究科 放射線診断核医学

 平成31年10月4日(金)- 5日(土)の2日間、群馬県高崎市で第48回断層映像研究会を開催いたします。  断層映像研究会は平成48年に福島県で産声を上げて以来、北海道から沖縄まで全国各地で開催されており、一貫して日本医学放射線学会の関連学会として活動してきた歴史ある研究会です。急速な技術発展に伴い、研究発表の場から教育に重きを置いた研究会に変遷してきました。群馬県での開催はこれが初めてとなりますが、会長のご指名をいただき光栄に思っております。
 今回のテーマは、「教訓的症例から学ぶ画像診断」といたしました。放射線診断医のみならず、診療放射線技師、看護師、研究者など多くの方々にご参加いただき、活発な討論が行われることを期待いたします。
 群馬県は存在感の薄い県と言われますが、高崎は意外にも東京から新幹線で最短49分と、東京近郊ともいえる場所です。会場のホテルメトロポリタン高崎は、高崎駅直結で、新幹線をおりてそのまま会場に入ることができます。
 申請中ではありますが、日本専門医機構の認定単位も取得予定です。
 どうぞ奮ってご参加ください。